リンク集 ご意見箱 サイトマップ
FOREST FUND OF EHIME Opening FLASH

えひめの身近な巨樹・名木

えひめの身近な巨樹・名木とは

愛媛の森林基金では、貴重な樹木を次代に引継ぎ、森林及び緑化意識の醸成を図るため、平成元年度に発行した「えひめの巨樹・名木」に記載されている樹木を含め、県下の身近な巨樹・名木を選定・調査し、そのデータ整備を行っています。

調査は、「えひめ森の案内人会」の皆さんにお願いし、平成18年から20年度の3か年で調査が完了したので、そのデータをホームページで公開するものです。

県下各地を駆けめぐり、樹木の調査をしていただいた「えひめ森の案内人会」の皆様方に厚く感謝し、お礼申し上げます。


  「えひめの身近な巨樹、名木」の選定基準

以下の項目のいずれかに該当する樹木を、巨樹・名木として選定する。

(1) 国、県、市、町において単木として天然記念物に指定されているもの
(2) 胸高幹周が300cm以上のもの
(3) 胸高幹周が300cm以下のものでも、その種としては県内で希な大径のもの
(4) 地域に根ざしたシンボル的な樹木
(5) 県民に身近に親しんでもらえる巨樹等

  調査内容についての特記

(1)樹高・胸高幹周
調査時点の実測値を記載(樹高は簡易三角測量)。

(2)樹種の特徴
一般的な解説に加えその樹木の特徴についても一部追記。

(3)歴史的背景・地域との関わり等
天然記念物指定時の資料、各市・町の役所・役場及び教育委員会でのヒアリング、地域の方々の話しを参考にまとめた。

(4) 樹勢・保全状況
概況を記載し、保全啓蒙の参考資料とした。

○参考図書

「えひめの巨樹・名木」 財団法人愛媛の森林基金
「愛媛の巨樹八十選」  愛媛新聞社
「えひめの森林公園の樹木ガイドブック」 愛媛県林業改良普及協会
「日本の樹木」 山と渓谷社
「各地区観光ガイドブック・文化財マップ等」 各地区役所・役場・観光協会発行
「天然記念物指定資料」 各地区役所・役場・教育委員会

平成18〜20年度 調査総数:113件

○平成20年度   調査数:42件   NO.1〜42
  追加調査:11件   NO.43〜53

・調査期間:平成20年4月〜平成21年2月
・調査者:「えひめ森の案内人会」 プロジェクトメンバー 総員 34名

プロジェクトリーダー 白石 博文
地区名 南予地区 中予地区 東予地区
チームリーダー 和家 洋一郎 丹  慶一 近藤 浩幸
チームメンバー 福谷 敬三 青木 茂 入江 義博
佐々木 和雄 大場 久 神野 幸正
武田  利康 真鍋 豊 神野 祐子
谷 清 楠岡 令子 河本 孝雄
壽野 公英 朝田 忍 岩井 隆志
坂本 美恵 越智 恵美子 伊藤 努
片山 香代子 河内 幸枝 曽我部都代子
門田 久仁恵 山内 美子 佐々木亜津子
川口 富姫 黒田 敏勝 土岐 敏郎
(白石  博文) 黒田 紀子 土岐 久美子
    永井 礼子

○20年度調査員所感

今年は調査3年計画の最終年度で、調査員一同総仕上げだということを確認しスタートしました。調査箇所は、平成18・19年度調査分で「愛媛の森林基金」のHPに掲載したい巨樹・名木の再調査に加えベテランや健脚者にお勧めの深い山の中まで足を延ばしました。

3年間で県下全域約150箇所の調査を行いましたが、特に山間部や島しょ部では年々高齢化や過疎化が進み、天然記念物に指定されているものも含め多くの巨樹周辺の整備に手がまわっていないのが現状でした。

長年地域のシンボルとして崇められ、また住民の皆さんの心の糧として守って来ただけに、行政・地域・訪れる人達(ボランティアの人達も含め)が連携し守っていきたいものです。

多くの人が誘い合って<今日は○○町のあの巨樹に会いに行こうよ!>と言う日が来る事を期待したいものです。

調査員一同の3年間の総括は「やはり自然は良いね!(何百年生きてきた巨樹を見ると感動するし、また生きる勇気を与えられるような気がする)、大事に守り次世代に繋げて行きたいね!、そのために何か出来る事をやって行こうよ!と言う事でした。

今年度も調査にあたり、各市・町の役所・役場の関係部署の方々は勿論、地域の方々に気持ちよく情報提供に応じて頂いたことに感謝し、ここに3年間のお礼を述べたく思います。


   

○平成19年度 調査数:30件 NO.54〜83

・調査期間:平成19年4月〜平成20年2月
・調査者:「えひめ森の案内人会」 プロジェクトメンバー 総員31名

プロジェクトリーダー 白石 博文
地区名 南予地区 中予地区 東予地区
チームリーダー 和家 洋一郎 丹  慶一 近藤 浩幸
チームメンバー 福谷 敬三 清水 民彌 入江 義博
武田 利康 青木 茂 神野 幸正
谷  清 大場 久 神野 祐子
壽野 公英 真鍋 豊 河本 孝雄
(白石 博文) 玉井 敏男 岩井 隆志
  山内 英彦 伊藤 努
  竹本 義昭 曽我部都代子
  楠岡 令子 佐々木亜津子
  朝田 忍 坂本 美恵
  越智 恵美子 永井 礼子
    佐伯 由紀
    河内 幸枝
    山内 美子

○19年度調査員所感

今年は春の花の時期から調査に入りました。調査員一同、春から夏にかけては桜・ツバキ・ツツジ等の可憐な花に出会い、花が終わると 新緑の初々しい葉に、夏には濃い緑の逞しい葉に、秋には紅葉に染まった葉や黄色い落葉の絨毯に出会い、感動と癒しを受けながら調査に精を出した一年でした。

今年も樹齢数百年の巨樹に出会いましたが、なかには長年の風雪に耐えてきているだけあって、「うろになっているもの」「樹脂が充填され蘇生施術が行われているもの」「樹皮が衰えているもの」等もあり、木肌に手を触れながら「良く頑張ったね、ご苦労さんでした」と言ってあげたい気になったりもしました。

しかし、そうなりながらも、「花の時期には精一杯花をつけ」「花が終わると緑の葉っぱをつけ」我々を楽しませ、元気づけてくれる姿に感動し「もう少し頑張ってくれますかね」と声をかけたりもしました。

こうした樹木の姿を子供は勿論大人の皆さまにも伝え、巨樹巡り等を通して巨樹から何かを学び得られる一助になればと感じた調査でした。

今年度も調査にあたり、各市・町の役所・役場の関係部署の方々は勿論、地域の方々にも気持ち良く情報提供に応じて戴き感謝しているところであります。


   

○平成18年度 調査数:30件 NO.84〜113

・調査期間:平成18年8月〜平成19年2月
・調査者:「えひめ森の案内人会」 プロジェクトメンバー 総員26名

プロジェクトリーダー 白石 博文
地区名 南予地区 中予地区 東予地区
チームリーダー 和家 洋一郎 丹  慶一 近藤 浩幸
チームメンバー 佐々木 和雄 清水 民彌 入江 義博
福谷 敬三 青木 茂 河本 孝雄
武田 利康 大場 久 曽我部都代子
大西 憲太郎 真鍋 豊 坂本 美恵
壽野 公英 楠岡 令子 永井 礼子
(白石 博文) 朝田 忍 佐伯 由紀
  越智 恵美子 神野 祐子
  玉井 敏男  
  松本 真知子  
  河野 享子  

○18年度調査員所感

調査員一同、南予の県境から東予の県境に至る街中・人里・やまなみを訪れ調査を行い、数百年から千年を越える巨樹に出会いました。

古木の域に達している樹木も多いものの、さすがに長年の風雨・風雪に耐えながら世の中を見てきただけあって、木の形は勿論、全体からかもし出しているオーラに感動をさせられました。

又、樹木が多くの人達に癒しを与えている事も身近に感じる事ができ、こうした樹木を守り次代に引き継いでいく事の大切さを再認識した調査でした。

調査にあたり、各市・町の役所・役場の関係部署の方々は勿論、地域の方々にも気持ち良く情報提供に応じて戴き大変感謝しているところであります。



Copyright(c) 2012 FOREST FUND OF EHIME. All Rights Reserved.