リンク集 ご意見箱 サイトマップ
FOREST FUND OF EHIME Opening FLASH

各事業の実施内容

愛媛の森林基金事業のあらまし

平成29年度に実施した、愛媛の森林基金の事業の実施状況をお知らせします。

■えひめ山の日の集い
 森林に対する県民の理解を一層促進するため、多くの県民が参加することが出来る記念イベントを、愛媛県との共催により開催しました。また、イベントの式典においては、森林・林業に関する感謝状や認定書等の伝達を行うとともに、併催行事として親子木工教室や森林散策を開催しました。

テーマ「愛媛の山を守る、ちょっとした木づかい」
平成29年11月11日(土) 参加者2,299名






   

■森林・林業体験イベント事業
森林に関する体験を通じて、森林の果たす役割や森林整備の重要性について、広く県民にアピールするための活動を実施しました。

●木に親しむための活動
県内の保育園や幼稚園やイベント等において、幼児や児童が木材でつくったおもちゃ等で自由に遊び、木の絵本等で森林について学ぶ機会を提供しました。
  • 時期  平成29年9月14日(木)〜平成30年2月26日(月)
  • 場所  県内保育園、幼稚園、小学校、児童館並びに各種イベント会場
  • 内容  木製絵本読み聞かせ、木の玉プール遊び、木のおもちゃ遊び
  • 対象者 幼児、児童及び保護者
  • 参加実績
 学校又はイベント名
実施回数
参加人数
保育所・幼稚園・小学校 20校 1,596名
学習館等 1施設 300名
イベント 2会場 推計
1,010名
合 計 20箇所
(延べ25回)
推計含む
2,980名
体験イベント事業:木の玉プールで親しむ

木の玉プールで親しむ

体験イベント事業:木のおもちゃで親しむ

木のおもちゃで親しむ


■木材の利活用の促進 木工作品製作キット配布事業
木工作品の製作希望がある県内の小中学校へ、県産スギ材を使用した木工作品製作キットを配布しました。
総合的学習の時間やクラブ活動、地域交流活動等で、活用されました。


応募数及び配布実績
146校 / 5,000セット
CDラック
953セット
小物入れ
1,612セット
本立て
2,435セット

児童・生徒の感想
・木のにおいがとてもよくて、とてもいい作品に仕上がりました。木には、いろいろなもようがあり、それもデザインになっているので自分だけのCDラックが作れてうれしいです。

・わたしは、CDラックを作りました。釘を打つときに、木から飛び出してしまったり、釘が曲がったりして大変でした。でも、完成するととてもかわいらしくて、失敗してもいい経験になったのかなと思いました。上手に作ることができたので、家に持って帰ったら、お母さんにプレゼントしたいです。

・木を使って小物入れを作るのは、とても楽しかったです。僕の好きな「西条祭り」の「だんじり」の絵を描きました。釘をまっすぐ打つことが難しかったけれど、早く家に持って帰って使いたかったので、頑張りました。大切に使っています。

・一生懸命作った本棚なので、小学校の思い出の作品として大切に使いたいと思います。自分の部屋に置いて、中学校の教科書を入れるのに使おうと思います。

・愛媛県で取れた木の板は、さらさらしていて、手触りがとても気持ちよかったです。卒業制作として作ることができて、嬉しかったです。大切に使いたいと思います。

・私は、木目や木の独特なにおいが好きです。木は何にしたってキレイでかわいい物ができます。それに強くてとても頑丈でいいです。

製作風景1

製作風景

製作風景2

製作風景

製作風景3

製作風景

先生の感想
・釘を打つ印付けや釘打ち作業では、児童が互いに教え合ったり助け合ったりして協力して作業を進める姿が見られました。自分の作った木工作品を早速家に持ち帰って使い、木で作った手づくり作品ならではの愛着を感じています。愛媛県には豊かな森林があり、それを育ててくださっている方たちがいるということも、改めて気付くことができました。

・既製品ではなく、自分の手で、自分の思いを大切にしながら作り、完成したものを使うことで、手作りの良さを味わうことができた。

・やすりかけや釘打ちなど、初めての経験が多く意欲的に取り組んでいた。木の感触や色合い、香りなどが、やすりかけやニス塗り、コーヒー染めなどで変化する様子を楽しみながら作業をした。

CDラック

CDラック

小物入れ

小物入れ

本立て

本立て


林業新規就業者支援事業

林業の就業促進や担い手の育成のため、一定の要件を満たした新規就業者に活動費用を支援するとともに、将来担い手となり得る林業関係の高校生との交流会を実施しました。

●事業内容

(1)支援対象者(次の内容をいずれも満たした者)
○新規採用時において30歳以下の者
○平成29年2月1日〜平成29年7月31日の間に新規採用された者
○県内の認定林業事業体に採用され、6ヶ月以上経過した者
○伐木、造材、運材、下刈り等、林業現場作業に従事する者

(2)支援内容/就業するために必要な費用として5万円/一人

(3)支援実績(平成29年度)/13名

(4)上浮穴高等学校の生徒さんとの交流会(実施:平成29年12月13日(木))
森林環境科2年生(19名)と当事業で支援を行った林業就業者との交流会を行い、新規就業者から林業の現場の様子や思いを語っていただくとともに、各班に分かれて森林・林業の魅力について話し合いを行いました。

支援事業[助成金の交付]
交流集会[グループ意見交換]
交流集会[グループ発表]
支援事業[助成金の交付]
交流集会[グループ意見交換]
交流集会[グループ発表]


■愛媛の森林基金助成事業

●森林に親しむための活動事業
森林の果たす役割や森林整備の重要性を広く多くの人々にアピールする森林散策活動を助成しました。

○えひめ森の案内人会
(所在地:松山市)

自然環境の保全、森林の役割、
森林整備の大切さについて
意識の醸成を図ることができた。

えひめ森の案内人会


●トレッキングコースの施設等整備事業
多くの人々が安全にトレッキング(森林散策)を行えるよう、コースの案内表示板等を整備する活動を助成しました。

○中道復元整備事業実行委員会
(所在地:愛南町)

旧へんろ道「宿毛街道中道」の大岩道付近において、
草刈りや支障木伐採等維持管理を行い、
ビューポイントにベンチを設置しました。

中道復元整備事業実行委員会

○ふくさの森の会
(所在地:東温市)

東温市河之内の散策道において、
草刈りや倒木・落石の除去等維持管理を行い、
案内板やベンチの設置を行いました。

ふくさの森の会

○岩伽羅講
(所在地:東温市)

岩伽羅山登山道の草刈り、
倒木撤去等の維持管理を行いました。

岩伽羅講

●特用林産物の消費拡大促進事業
一般県民をはじめとする消費者に本県特用林産物の消費宣伝を行う活動を助成しました。

○愛媛県森林組合椎茸生産者連絡協議会
(所在地:松山市)

松山市内での全県的産業イベント等において、
愛媛県産原木乾しいたけ、
乾たけのこ消費宣伝活動を実施しました。

愛媛県森林組合椎茸生産者連絡協議会

○今治地区乾たけのこ生産者協議会
(所在地:今治市)

 今治市内の産直市場においてイベントを開催し、
アイデア料理の試食会やサンプルの配布により、
愛媛県産乾たけのこの消費宣伝活動を実施しました。

今治地区乾たけのこ生産者協議会


媛すぎベンチ配布事業

多くの人々に、愛媛県産材に直接触れ合う機会を広く提供し、森林の大切さを理解してもらうとともに県産材の利活用促進を図るため、公共交通機関運営会社、公共施設運営団体等を対象に、県産スギ材を使用したベンチを無償配布しました。
配布を受けた運営会社等には、利用者数の多い待合所や停留所、公共施設等に配布ベンチを設置していただきました。

新居浜市東城バス停留所
松山城長者ヶ平待合所
JR四国今治駅みどりの窓口
新居浜市東城バス停留所
松山城長者ヶ平待合所
JR四国今治駅みどりの窓口


森林・山村の多面的機能発揮対策事業

森林が有する多面的機能を高度に発揮する、多様な森林の造成整備を促進するため、山村等の活性化を目指した里山林の保全管理活動を支援しました。また、この活動に取り組む組織に対し、円滑に事業を推進できるよう必要経費の助成を行いました。

「森林・山村の多面的機能発揮対策」のご紹介
−林野庁補助事業−

 里山林は、居住地近くに広がり、薪炭用材の伐採、落葉の採取等を通じて地域住民に継続的に利用されることにより、維持・管理されてきた森林です。
しかし、このような里山林は、昭和30年代の石油・ガスなどの化石燃料の普及、化学肥料の普及等により地域住民との関係が希薄になり、侵入竹などによる荒廃が進んでいます。
そこで、林野庁では、地域住民が森林所有者、NPO法人、民間団体などと一緒に活動組織を作って、里山林の保全管理や資源を利用するための活動に対して支援を行います。


−(公財)愛媛の森林基金単独事業業−

林野庁が実施する上記事業に取り組む活動組織に対し、この事業を円滑に推進できるよう必要経費を助成しています。


 当基金は、国が実施している「森林・山村多面的機能発揮対策」を積極的に推進するため、事業の採択を始め、国への申請事務や交付金の管理などを行う「地域協議会」という役割を担っています。
林野庁補助事業分については、平成29年度において17の活動組織から申請・採択を行い、次のような活動に対して支援を行いました。

里山林等での景観を維持するための活動(16万円/ha)
侵入竹林の伐倒、除去活動(38万円/ha)
集落周辺の広葉樹等の搬出活動(16万円/ha)
森林環境教育の実践(5万円/回)
活動の実施に必要な路網や歩道の補修・機能強化等(1千円/m)

下刈作業前
下刈作業中
下刈完了後
下刈作業前
下刈作業中
下刈完了後
侵入竹除去作業前
侵入竹除去作業中
侵入竹除去完了後
侵入竹除去作業前
侵入竹除去作業中
侵入竹除去完了後
搬出間伐作業中
搬出間伐作業中
搬出間伐作業中
搬出間伐作業中


また、(公財)愛媛の森林基金単独事業については、上記17活動組織のうち
9活動組織から申請・採択を行い、助成を実施しました




Copyright(c) 2012 FOREST FUND OF EHIME. All Rights Reserved.