リンク集 ご意見箱 サイトマップ
FOREST FUND OF EHIMEOpening FLASH

基金の沿革

1.設立の経緯
S57.9〜S58.11 ・愛媛県水源林造成事業応益分担制度検討班
 水源林造成事業の応益分担制度を検討する過程で、水源かん養のみならず、森林の公益的機能を維持する観点からも検討が必要であるとの結論を得た。
S58.11〜S60.1 ・愛媛県森林資源育成活用委員会
 森林基金専門部会において、前述の検討班の提言を受け、県民参加による森林資源の育成活用方策について、森林基金の設置が知事に報告された。
S60.5〜S61.1 ・愛媛県森林基金設立委員会
 基金の名称を「愛媛の森林(もり)基金」とし、財団法人かつ試験研究法人として設立、県下全域を対象に出捐額を10億円 とすることなどが知事に報告された。
S61.4.7 ・財団法人愛媛の森林基金設立発起人会[設立趣意書
S61.5.10 ・設立許可(知事許可)
S61.5.16 ・設立登記
S61.10.9 ・試験研究法人に認定(大蔵大臣認定)

2.設立後の主な変更
H8.3.14 ・都道府県緑化推進委員会として指定を受ける
H8.4〜 ・緑の募金事業を開始
H11.11.15〜 ・特定公益増進法人に認定(知事認定)
 「国土の緑化事業の推進を主たる目的とする法人」
H12.7〜H13.3 ・放置森林管理システム検討委員会
 森林基金が森林整備法人の認定を受けて、放置森林の適正管理事業の実施主体となること等が知事に報告された。
H13.4 ・県が、平成13年度を森林蘇生元年と位置づけ
H14.3.12 ・森林整備法人に認定(知事認定)
H14.4.1〜 ・森林適正管理事業を開始
H24.4.1 ・公益財団法人として移行登記

 

 

 



Copyright(c) 2012 FOREST FUND OF EHIME. All Rights Reserved.